2016年01月05日

2015年11月24日の目視録

曇り。

一般公開を終えた《ちきゅう》が移動。

たまたま近くに用事があって、
たまたま手の空いてる時間帯に離岸予定だったので、
様子を見に行ってみました。

地球深部探査船《ちきゅう》
2015112401.jpg
予定地に到着したのは、離岸予定の10分前くらい前だったんですが、
もう既に離岸して、撮影を想定していた位置も過ぎて、こんな状態に。

2015112402.jpg

2015112403.jpg

寒かったし環境も良くなかったので、
目の前を通過したら、あまり後追いすることなく撤退。

posted by unagi at 15:00| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日の見学会

晴れ。

『ちきゅう就航10周年記念』の一般公開に参加。

地球深部探査船《ちきゅう》
2015112101.jpg
《ちきゅう》を見学するのは、10年ぶり。
つまり、前に見学したのは就航直後でした。

地球深部探査船《ちきゅう》
2015112102.jpg
来航時には何度も撮影しているので、
「ちきゅうか……何もかもが、みな懐かしい」
とか言う程のこともなく、わりと見ているわけですが、
ここまで接近したのは、それこそ10年ぶり。

あらためて近くから見上げてみると……でか!

分かっていたハズなんですが、
航行中の姿を眺めるのとは、また違う印象です。

2015112103.jpg

2015112104.jpg
いつもやっちゃう“逆光デリック直射日光隠し”。

2015112105.jpg
たしか、このブリッジの船尾側壁面の色(素材)については、
バンダイ1/700《ちきゅう》に付属の資料には、載っていなかったハズ。

と、いうわけで、まだツンデルしてる人のために写真載せておきます。

2015112106.jpg
この部分は木の板です。
おそらくパイプなどの操作中に、
船体に衝突するのを防ぐための緩衝材なのでしょう。

縦線ディテールは固定金具で、船体色と同ですね。

2015112107.jpg
キットでもオレンジ色のタンク(?)は部品があるけれど、
周囲をのたくってるパイプ類については、再現するなら
全部自作することになります。

この辺について、なまじ資料写真なんか撮りまくって、
アレもコレも再現しよう……なんて思っていると、
いつまでたってもツンデルツンのままに。
製作資料が最大の製作妨害要因になるパターンに陥ります。

2015112108.jpg
来場者は多く、人の波に乗って移動(てか流動)する必要はあったものの、
それなりにユッタリと見学できて、良い見学会でした。

posted by unagi at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

2015年11月16日の目視録

晴れ。

砕氷艦《しらせ》が南極へ向けて出航。

今回は横須賀からの出港なので、
ヴェルニー公園まで見送りに行ってみたところ、
入船で着岸してたので、公園からは船尾しか見えず、
見送り甲斐の無いったらありゃしない状況。

見送りもヤメて帰っちゃおうかと思いつつ、
しばらく周辺を眺めていたところ、米軍側の物陰に、
こっそりと出港の動きをみせるマストを発見。

見覚えのないマストだったので、何モノかも判らないまま、
急遽、出航船の見える場所まで移動することに。

既に動き出していたので、
間に合うかどうか心配でしたが……

……現場到着から見えてくるまで、
さらに1時間ほど待たされました。

その待ち時間がナンだったのかは不明ですが、
とりあえず姿を現したのが、この艦。

揚陸艦《アシュランド》《USS ASHLAND》 LSD48
2015111601.jpg

揚陸艦《アシュランド》《USS ASHLAND》 LSD48
2015111602.jpg

揚陸艦《アシュランド》《USS ASHLAND》 LSD48
2015111603.jpg

《アシュランド》の通過後、
『ここまで来たら、この場から《しらせ》も見送ろう』と、
さらに1時間ほど待機してみたのですが……来ません。

状況も掴めないし、タイムリミットもあったので、
なんとなく海上を気にしつつ、再び横須賀港へ戻ってみると、
そこに《しらせ》の姿はありませんでした。

その場にいた知り合いに聞いたところ、
20分程前に出航したそうで。

海上を意識しつつの移動だったのですが、
いったいどこで入れ違ったのやら。
(たぶん新港から米軍基地の間)

そんな入れ違いもありましたが、
この日は《アシュランド》の方が収穫だったので、
良しとしたのでした。







あぁ、そうだ。
《しらせ》の皆様、ご安航を。
posted by unagi at 15:00| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日の目視録

写真の印象では曇り……かな?

とりあえず本命撮影中は曇りで、
たまに雲間から陽が顔出す程度の天気。

ケーブル船《ルネ・デカルト》が来航。

ケーブル船《ルネ・デカルト》 《RENE DESCARTES》
2015111101.jpg
「(船が)来た、見た、撮った」というだけのことなので、
特にコメントが思い浮かばない……。

ケーブル船《ルネ・デカルト》 《RENE DESCARTES》
2015111102.jpg

ケーブル船《ルネ・デカルト》 《RENE DESCARTES》
2015111103.jpg

目の前を通過したら、撮影場所を変更。

ケーブル船《ルネ・デカルト》 《RENE DESCARTES》
2015111104.jpg
ケーブル船らしい船尾。

ここから後進しつつ着岸します。

2015111105.jpg
ちょうど船体にだけ陽があたって、
被写体だけ光っているように見える。

こういうのも、巡視船なんかだと割と好き。
モノが艦船だと、イマイチだけど。
posted by unagi at 12:00| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

2015年10月12日の観艦式終了のお知らせ(3/3)

んで。

この日の夜、
とーとつに意識を失い、入院することになったので、
2015年の観艦式は、ここで終了DEATH

せっかく当選した乗艦券については、
無駄になってしまいました。
乗れる人には乗ってもらいましたけれども。






ちなみに。

口内を濡らすていどに水を含むだけで、
あとは点滴だけで飲まず食わずの生活が4日ほど続きましたが、
体重は全く変わりませんでした。

それだけ点滴の栄養価が高い……のか?
posted by unagi at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日の目視録(2/3)

空母《ロナルド・レーガン》一般公開からの帰り道。

事のついでに、予行参加艦艇の入港を撮影。

ミサイル艇《くまたか》 PG827
2015101211.jpg
あー。
ピットの1/350《くまたか》がツンデル。

ミサイル艇《しらたか》 PG829
2015101212.jpg

護衛艦《きりしま》 DDG174
2015101213.jpg

護衛艦《くらま》 DDH144
2015101214.jpg

護衛艦《むらさめ》 DD101
2015101215.jpg

護衛艦《あたご》 DDG177
2015101216.jpg
ピットの《あたご》は作ったけれど、
アオシマの《あしがら》がツンデル。

他にアオシマの《てるづき》とか
ハセガワの《いずも》とかがツンデル。

「べ、別に、アンタなんかに買われたからって(買ってくれさえすりゃ)、
 作ってくれなくたっていいんだからねっ!(メーカーの収益的には)」
ってくらいの、ツンデル。

デカールメインの木更津コブラとかも、
劣化する前になんとかせな……。


さて、何隻か入港した頃から、岸壁のヘリポート付近が
「なにやら飛来しそうな雰囲気」になっていたのですが。

輸送ヘリ《CH-47J》
護衛艦《おおなみ》 DD111
2015101217.jpg
こんなの飛んで来ました。

2015101218.jpg
空自のチヌークです。

おそらく空自の偉い人(この日は予行なので想定代理)を迎えに来た、
もしくは迎えに来るところまでの予行だったのでしょう。


このチヌークが飛び去ったところで、まだヘリポートは
「続いて何か飛来しそうな雰囲気」だったのですが、
陽も暮れたし、横須賀始発の電車が頃合だったので、
ここで撮影を終了しました。

駅で発車を待つ間に、もう一機、
(たぶん陸自の)チヌークが着陸しましたが、
もう暗くなっていたので、よく見えませんでした。
posted by unagi at 15:00| Comment(0) | 観艦式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日の目視録(1/3)

快晴。

第一回観艦式予行日。

この日の乗艦券は無かったので、
観艦式とは関係ない(ハズの)イベント
空母《ロナルド・レーガン》の一般公開へ。

この空母一般公開、
実施の数日前に告知が出たばかりで、
一般への周知はさほどでもなかろうし。
手回しのいい艦船好きなら、乗艦券もっててそちらに行くだろうし
(なかには「公開行きたいから乗るのヤメた」なんて方も居ましたが)。
そんな予想から、たいした混雑にはならないだろうと、
ちょっと舐めていました。


舐めすぎでした。


行ってみたら、すげぇ行列。

しかも、それが開場時間になっても、
なかなか前に動きません。

これには、それまでのイベントとは
行列の裁き方が変わったことも影響しているんですが、
それにしても、なかなか動きません。

そうこうしているうちに、
私の直後に並んでいたカップル(?
 に、しては、男が 下僕 執事みたいな態度だったんだよなぁ)の
下僕 男の方が、スマホをいじくりまわしながら、
「もう、このまま並んでも入場できませんね。キリッ。
 今からでも軍港巡りに乗った方が懸命でしょうね。キリッ。

などと言って離脱していきました。

ここで、一言忠告してあげても良かったのですが、
並んでいる間中、下僕 男の 下僕 執事テンション
だいぶウザかったので、静かに快く見送りました。
『おーおー、いけいけ。
 予行で空っぽになった横須賀港でも堪能してくれぃ』
て。

とはいえ、一般公開の入場がタイヘンだったのは本当で、
セキュリティチェックのゲートに着くまで、
待つこと3時間以上。

問題は、夏のイベントなみに人が来ているのに、
セキュリティチェックの受け入れ体制が、
地方港の一般公開レベル(想像)で、
そこがボトルネックになっていたことでした。

実際、セキュリティチェックを過ぎたら、その先はガラガラ。
空母に乗艦するまでノンストップでした。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2015101201.jpg

2015101202.jpg
飛行甲板には、艦上訓練用のホーネット。

2015101203.jpg

基地への入場行列は、
私から(主観で)30分くらい後の位置で
締め切られていたようです。

そのためか、乗艦から程なく新たな見学者は途絶えてしまい、
見学往路のエレベーターも運転を止めてしまいました。

そんなこんなで、
飛行甲板を1時間もプラプラしていると、
艦上はこんな(↓)状態に。

2015101204.jpg
がら〜ん。

まるで人気の無かった空振りイベントみたいな状況。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2015101205.jpg
ち〜ん。

艦橋前の人が集まっている所は、
飛行甲板からの出口になってたエレベータ。

そうそう、こんな状況を予想してたんですよ。
朝の大行列を見るまでは。

ここへ至る経緯は、予想と全く違いましたけれど。

おそらく、
入場ゲートの方で、セキュリティチェックが裁ききれないと予想して、
入場規制してみたところ、艦の方ではキャパシティに余裕あり過ぎた
……てなところでしょうか。

2015101206.jpg
格納庫エリアに描かれていた、レーガン大統領の肖像。

そういえば、
《ロナルド・レーガン》識別帽の絵柄が、
海原を進む空母の上に、白馬とカウボーイで、
『なんでカウボーイ?』とかホンの一瞬思ったんですが。
おそらく西部劇俳優としてのレーガン氏を
イメージしてるんでしょうね。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2015101207.jpg
posted by unagi at 12:00| Comment(0) | 観艦式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日の目視録

曇り。
のちに雨になったか晴れてきたか、
どっちかだった気がするけれど、忘れました。

観艦式ウィーク開始。
この日は、艦船一般公開日。

と、そのタイミングで、
オーストラリアからの参加艦《スチュアート》が来航。

朝、横須賀基地の入り口には、
そこそこ長い入場待ちの行列ができていました。

しかし、並んでいたら《スチュアート》の入港が
撮れなくなってしまうので、列を離れて待機。

オーストラリア海軍フリゲート《スチュアート》
《HAMS STUART》 FFH153
2015101001.jpg
それにしても撮影条件が良いわけではないのですけれど。

《スチュアート》の入港作業を見届けてから、
あらためて一般公開に入場。

入場してみると、
意外なことに《スチュアート》が着いた桟橋への
接近が許されていました。

なので、フレームに収まらないような近距離から撮影。

2015101002.jpg

2015101003.jpg

2015101004.jpg

2015101005.jpg
ファンネルの赤カンガルー。

よく見たら、プレート固定用の釘(?)が、
ちょうど目の位置に打ってあります。

他の艦も、そうだったかな?

2015101006.jpg
空っぽの逸見岸壁。

この岸壁が出来てからは、たいていイベントの時には、
ココに艦を着けて一般公開しています。

なので、逆に、
一般の入場者が、このアングルから、
この岸壁が「空っぽ」の状態を見られるのは、
珍しい機会だったのではないかと。

公園から〜とか、軍港巡りで〜とかは、
いくらでもあるでしょうけれど。


さて、この日の一般公開ですが、
到着直後の《スチュアート》は、
当然、公開されていません。
接近できただけでラッキーなくらい。

では、海自の艦船で、
何が公開されていたのかといえば
……まったく憶えていません。
(資料を探せば判るでしょうけれど)

と、いうのも、
《スチュアート》を撮影したり、
現場で会った方々と岸壁で話し込んでいるだけで
結構な時間が経ってしまい、
そのうちなんとなく風も寒くなってきたので、
結局、一隻も乗艦しないまま、帰宅してしまったので。

posted by unagi at 09:00| Comment(0) | 観艦式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2015年10月08日の目視録

晴れ。

観艦式前の艦船移動に期待がかかる1日。

いちどは無難に大物狙いできる横浜港に向かったものの、
目的地到着と同時に『《しまかぜ》接近』の報があり、
息つく間も無く横須賀方面へ移動することに。

横須賀港への入港艦を望める位置に着いたとき、
沖には3隻の艦影が見えていました。

護衛艦《さみだれ》 DD106
2015100801.jpg
先行していた《さみだれ》は、
大きく舵をきって横須賀進行方面へ。

護衛艦《きりさめ》 DD104
護衛艦《しまかぜ》 DDG172
2015100802.jpg
《さみだれ》の航跡を辿るように《きりさめ》も転進。
その後に続く本命《しまかぜ》は、そのまま横須賀本港へ……

…………と、思っていたら(期待していたら)、
先行2隻に続いて、まさかの横須賀新港コースへ転進。

その場に構えていては、
最大望遠でもポツンとしか撮影できません。

不幸中の幸い、先行2隻の入港を待つために
行き足が鈍ったように見えたことに僅かな望みをかけて、
大急ぎで撮影場所を移動することに。

護衛艦《しまかぜ》 DDG172
2015100803.jpg
移動にはソコソコ時間がかかりましたが、
ちょうど《しまかぜ》の入港開始に間に合いました。

護衛艦《しまかぜ》 DDG172
2015100804.jpg
真っ直ぐコチラへ。

こんなアングルを陸地から撮影できるのも、
コレはコレで嬉しいんですけれど。

ただ、このアングルが思いのほか長くて。

真正面になる前は、艦までの距離が遠く。
真正面になったらグングン近づいてくるわけですが、
いい距離感になったものの、真正面から回頭する前に、
舷側にタグボートが着いてしまいました。

結果、撮影画像の大半が真正面ということに……。

護衛艦《しまかぜ》 DDG172
2015100805.jpg
この写真で、
右端には、横浜港へ向かう輸送艦《おおすみ》が。
左端には横浜港へ入港開始している護衛艦《いずも》と、
その手前に後続する補給艦《ましゅう》の姿が見えます。

横浜港で構えていれば、この辺が撮影できたわけですが。
そんなことより《しまかぜ》最優先。


撮りたいものは撮れたので、
のんびりゆったり再度の撮影場所移動。

掃海艇《まえじま》 MCL729
掃海艇《つのしま》 MSC683
掃海艦《つしま》 MSO302
掃海艦《はちじょう》 MSO303
2015100806.jpg
掃海艇の集団。
入港順は、以下の艦船と前後しました。

護衛艦《おおよど》 DE231
2015100807.jpg
あれ? 意外と初遭遇?

駆逐艦《ステザム》 《USS STETHEM》DDG63
2015100808.jpg

遠征輸送ドック艦《モントフォード・ポイント》
《USNS MONTFORD POINT》T-ESD-1
2015100809.jpg
観艦式の期間中《ましゅう》《おおすみ》に
岸壁を譲るために、出港してきて、
写真の位置に錨泊。

せっかくの陽あたりなので、
もう少し距離が近いと良かったのですけれど。

この後、風向きでアングルの変わる
《モントフォード・ポイント》や、
上掲の掃海艇集団がポツポツと入港していくのを
見届けてから、この日の撮影を終了。
posted by unagi at 21:00| Comment(0) | 観艦式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日の目視録

晴れのち曇り。
Siriの誕生日。

2015年観艦式の前哨戦。
護衛艦《くらま》が来航。

……とはいえ、
一度は横須賀方面に向かったものの、
どうも時間をもてあましそうだったので、
いったん横浜に移動して、別の入港船など撮影。

きれいな船だったけれど、
個人所有船らしいので、ここでは省略。

結局、本命の《くらま》が入港開始したのは、
陽は傾き、空も曇りがちになって、
すっかり撮影条件が悪くなってからでした。

護衛艦《くらま》 DDH144
2015100401.jpg
艦首が陽光に明るかったのは、これが最後。

次に陽の光が出たのは、
《くらま》が目の前を通過して、
艦尾が見えるようになってから。

護衛艦《おおなみ》 DD111
護衛艦《くらま》 DDH144
2015100402.jpg
横須賀港から出てきて、
《くらま》の進路にモロ被りの位置で止まった《おおなみ》。

撮影の優先順位がハッキリしているので、
その場の全員に『おおなみ邪魔ッ!』とか言われちゃう不幸。

艦船の撮影に来てるんだから、
本来なら彼女も被写体のハズなんですけれど。

護衛艦《くらま》 DDH144
2015100403.jpg
上から次の写真の間に、
自衛艦旗の掲揚位置がマストから艦尾へ。

護衛艦《くらま》 DDH144
2015100404.jpg


車のナビが、毎日、その日初の電源投入時に
「今日は○○の日です」などと教えて教えてくれるんですが、
たいていは一瞬「ふ〜ん」と思うだけで、忘れてしまいます。
仕様で、二度は教えてくれません。

で。

たしかこの日も「くっだらねぇ」程度に反応しつつも、
数時間後には忘れてしまった記念日ネタについて、
移動中に「何の日だったけな?」という話になりまして。

同乗していたどーるさんが、
iPhoneのSiriに「何の日?」と質問してみたところ、
『今日ハSiriノ誕生日デス』という、まさかの回答。

結局、何の日だったのか判らないままに……。




あらためてググってみたところ、ナビが言ってたのは
『イワシの日』か『投資の日』のどちらかだと思います。

10月4日〜1、0、4〜い、わ、し〜イワシ!
ばんざーいばんざーい!

もしくは

10月4日〜10、4〜とう、し〜投資!
ばんざーいばんざーい!

ですって。

ほらね?
どっちもくだらない。

posted by unagi at 18:00| Comment(0) | 観艦式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする