2016年07月23日

2016年07月16日の、グレーにブルー。

この日も、台無し魔法使いウェ▽ーニュー▽が
気象攻撃呪文『その時間帯は晴れ』を唱えたために、
空はブ厚く暗い雲に覆われておりましたとさ。

イベント協力で、ブルーインパルスが飛来。

が、上記のごとく、上空には暗い雲。

飛行が実施されるかどうかも判らないうえに、
たとえ実施されてもロクな画にはなりそうにないので、
メイン会場まで行くことはぜずに、待機。

実施予定時刻の少し前、メイン会場よりも南方から
目撃報告をいただいたので、南の空を監視していたところ、
予想よりも東寄り、思いのほか低い位置で、
スモークオンしたブルーのT4を発見。

これは発見が遅れたために、すぐ建物に隠れてしまい、
撮影できませんでした。

どうやら実施されるようだと判断して、
メイン会場の方向が見える屋外へと移動。

2016071601.jpg
見える機体は1機だけ。

それからしばらくは、
まるで対地爆撃でもしているかのように、
単機が、メイン会場上空付近を旋回している様子が、
小さく見えているだけでした。

天気が悪いので、単機の飛行で済ますことにしたのかな?
と、思ったところへ……

2016071602.jpg
「助けに来たぜっ!」と、ばかりに、
南の空から追加の5機が飛来。

2016071603.jpg
6機編隊になったら、旋回範囲も広くなり、
待機場所の上空を通過してくれるようになりました。

2016071604.jpg
全機増槽装備。
3番不在で、予備機がいます。

2016071605.jpg
前に来た時よりも低めの飛行で、いい距離感だったのですが、
なにしろ残念な空模様が背景なので、予想通りの残念な画に……。

2016071606.jpg
そして、なにしろ住宅街で撮っているので、
カメラを振っているうちに、こんなこともチョイチョイ。

この後数枚はピンボケの電柱が写ってました。

2016071607.jpg
この回は、スモークも焚かずに、
手前で旋回したように見えました。

聞いた話では中断があったらしいので、
そのタイミングかな?

2016071608.jpg

2016071609.jpg
ラストのローパスを見送って、撮影終了。



ところで、メイン会場では、この日のイベントを記念した
イベント名やら日付明記のブルーインパルスグッズを販売していたようです。

Tシャツやらタオルやら。
1点、2000円で、売り上げの10%は、
バングラデッシュの環境整備活動に寄付されるとか。

買ってない身で云うのもなんですが。
ちょっと(以下、憶測に基づく批判的文章が続いたので、自粛)。

あと、気になるのが、グッズの生産国。

バングラデシュへの協力で販売するんだから、
当然、バングラデッシュ製……ですよね?

もしくは国産品だというなら、
まだ(オブラートに包んだつもりでも、攻撃的だったので自粛)。

これが万が一にも、
某国産なのに(以下、かなり攻撃的表現になったので自粛)。

気になる。

もし買った方がいたら、教えてください。

posted by unagi at 18:10| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

2016年06月26日の目視録

晴れ……だったのに……。

客船《クァンタム・オブ・ザ・シーズ》が来航。

とはいえ、早朝の入港は時間も場所も面倒くさいので、パス。
夕方の出航狙いで撮影に。

2016062601.jpg
夕方の出港に加えて、海上の視界はイマイチだったとはいえ、
船がスケジュール通りに動いてくれれば、撮影場所からは、
こんな印象で撮影できる予定でした。

そう、船がスケジュール通りに動いてくれさえすれば。

そんなわけで、予定から遅れること1時間。
陽が沈み、周囲が薄暗くなり、
ついでのようにモヤが濃くなっていくなか、
ようやく《クァンタム・オブ・ザ・シーズ》が
モヤのなかから姿を現しました。

が。

2016062602.jpg
こんな有様death。

なので、ここからは、
めいっぱいイジった画像データの掲載になります。

2016062603.jpg
これより前段階の、
船首がコチラを向いてるアングルも撮りたかったのですが、
距離があるうえ、モヤが濃く、薄暗く、
肉眼でもボンヤリと見える程度だったので、
撮影は断念。

客船《クァンタム・オブ・ザ・シーズ》 《QUANTUM OF THE SEAS》
2016062604.jpg
晴れなのに、曇天だった前回と同じ印象。

客船《クァンタム・オブ・ザ・シーズ》 《QUANTUM OF THE SEAS》
2016062605.jpg
展望カプセルのアームが動いています。

2016062606.jpg
見送りのアングルになったら、
ねばることなく即時撤退。

3月の来航時には、約30分遅れて出港。
今回は、およそ60分の遅延。

乗客の躾は、ちゃんとして欲しいものです。

今回遅れた理由について、正確なことは知りませんけれど。


posted by unagi at 02:21| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

2016年06月20日の目視録

曇りのち晴れ。

米海軍ドック型輸送揚陸艦《グリーン・ベイ》が出航。

いろんな事態に備えて、
予定時刻よりも1時間ほど早く現場に到着。

駐車場から、海の見える場所まで来てみると……

2016062001.jpg
……沖には既にヤツの姿が。

上だの下だのと、
撮影場所を迷う間もなく、撮影を開始。

「いろんな事態に備えて」早めに来たものの、
米艦が予定より早いってのは、正直なところ想定外。

揚陸艦《グリーン・ベイ》 《USS GREEN BAY》 LPD-20
2016062002.jpg
外観でも特徴的なエンクローズドマストが、
いかにもステルス艦艇という雰囲気を演出。

揚陸艦《グリーン・ベイ》 《USS GREEN BAY》 LPD-20
2016062003.jpg
とはいえ、
艦首側のマスト頂部には、グルグル回転するレーダーがついてるし。
艦尾側マストの頂部からは、タカンかなんか装備したマストの先端部が、
鼻毛みたいにチョロと飛び出してるし。
なぁんか中途半端な印象。

せっかくのエンクローズドマストなのに、
テッペンのアレとアレはアレでいいの?
という気にはなりますけれど。

まぁ、いいんでしょうね。
レドームとは違うんだろうし。

揚陸艦《グリーン・ベイ》 《USS GREEN BAY》 LPD-20
2016062004.jpg

2016062005.jpg

思いのほか早く用事が済んだので、
アチコチ訪問しながら帰還。

で、帰宅した直後に
《MSCリリカ》の出港があったのを思い出して、
一瞬は「あ」となりつつも、数秒後には「ま、いいか」と
感情を処理して、そのままつい最近まで忘却。

posted by unagi at 19:01| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日の目視録

曇りのち雨

客船《MSCリリカ》が入港。

2016061901.jpg
ちょうど船首がコチラを向いた頃から、
雨がパラつきだしました。

客船《MSCリリカ》 《MSC LIRICA》
2016061902.jpg

客船《MSCリリカ》 《MSC LIRICA》
2016061903.jpg
望遠レンズでは、この辺りが限界。
船体がファインダーからハミ出たので、撮影を中断。

この日は、最近では珍しく広角レンズも用意していたものの、
小雨の中でレンズ交換するのが面倒くさかったので。

ボーっと目の前を横切る船腹を眺めながら、
『この天気なら、むしろ広角レンズだけで良かったんじゃないか?』
と思ったり……

……思ったりもしたものの、さすがにそれは無いかな。

2016061904.jpg
見送りのアングルを追加撮影したら、
本降りになる前に撤退。




毎度のコトながら、10日間ほど忘れていたものの、
今週末から 『ツール・ド・フランス』観るのに
忙しくなりそうなので、慌ててエントリー。


posted by unagi at 01:41| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

2016年06月11日の、のりものフェスタ

晴れ。

2016061101.jpg

恒例となった『よこすかYYのりものフェスタ』が開催。
海上自衛隊では護衛艦《いずも》が公開に。


この数日前までは、朝から行こうと思っていたのですが、
ここ数年、伸び続ける入場行列のコトを思ったらダルくなってしまい、
予定を変更して、開場してからノンビリと行くことに。

ダルくなったというのが主な理由ではありますが、
その他にも、頼まれた家の用事を済ませようという考えや、
去年、イベントで長時間行列に並んだ夜に入院したこともあって、
一応、ちょっとは自重しようという思いもありました。

そんなこんなで、朝の行動予定を決定してから迎えた、当日の朝。

『入港がありますよ』と連絡をいただいたのですが……


……断念することに。


……大漁だったそうです。


それはともかく。
予定どおり、ノンビリと現場に到着して。
想定どおり、艦撮りの方々と遭遇して。
予想どおり、誰も一般公開には行かないので、
いつもどおり、その場で井戸端会議をして、
ゲートをとおって、一般公開に向かったのは午後になってから。

2016061102.jpg
さすがに、ほぼノンストップで乗艦できました。


せっかくの一般公開。
こんな機会に、模型の資料として、
あまり見られないアングルや細部を
撮影しておきたいところです。

撮影しておきたいところなんですが……

2016061103.jpg
……キットを買ったきりツンデルしたままなので、
どの部分の資料が欲しいのか、
そもそもドコが不明なのかも不明という有様。

まぁ、どうせそんな細かいところまで作りこまないのに、
資料ばかり多過ぎても、手が動かなくなりますから、
『アンタは余計なコト考えないで、素組みすりゃいいのよ!』
とか言われた気分で、もうしばらくツンのままでしょう。

2016061104.jpg
ファランクスのファラオくん(ファランくんの方がよくね?)と、
シーラムのラムちゃん。

2016061105.jpg
ちゃ……じゃなくて、キャリおくん。


2016061106.jpg
この日の滞在艦艇。

2016061107.jpg
ちょっと変わった位置に居た《おおなみ》。

コーストガード巡視船《メロン》
《MELLON》WHEC717
2016061108.jpg
おいしそうな名前だけど、Lが多い。

2016061109.jpg
展示機体の《SH-60K》が帰還。

2016061110.jpg
艦上から見送ったよ

……という画を意図したものの、あんま意味無かったな……。

2016061111.jpg
下りのエレベータで、今年も白馬に遭遇。
仕事終わりで退場するところだったようです。

《SH-60J》
2016061112.jpg
格納庫内で展示されていた哨戒ヘリ。

2016061113.jpg
あいかわらず機体番号は残されたままですが、
無事に『いずも専用機』を拝命したようです。


海自基地を退出したのち、
ちょっとだけ他の出し物をのぞいてみました。

毎年、このイベントに来ると、
地方の物産屋台などで思わぬ買い物をしてしまうのですが、
今年はイベントの中心が三笠公園に移動してしまったために、
ヴェルニー公園の出し物はしょぼ……あまり多くなく、
三笠公園まで出向く意欲は無いままに、そのまま帰還。


その場で食べる食品屋台はともかく、地方物産品の屋台なんかは、
駅の近くでやってた方が、イベント参加者以外の
ただの通りすがりにも売れて、いいような気がしますけれどねぇ。

とりあえず、三笠公園は『通りすがる場所』ではないでしょう。

その点では、横須賀中央駅前が最適なんでしょうけれど。
posted by unagi at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

2016年05月13日の目視録

晴れ。

空母《ロナルド・レーガン》が入港するので、お迎えに。

最近お馴染みのパターンなんですが、めあての艦船以外、
ろくに周辺状況のリサーチをしていないので、
思わぬトコロに予期せぬ艦船が居たり、
思わぬトコロに撮影の邪魔になる船が居たり。

この日も、そんなカンジで、イロイロと苦労が……。

海洋観測艦《わかさ》 AGS5104
2016051301.jpg
現場到着直後に撮影。

サラッと通過すると思ったら、他の船舶通過を待つためか、
ちょうど後ろの錨泊艦と被る位置で停止。

その後も、見事な被り芸を披露してくれやがり。

駆逐艦《バリー》 《USS BARRY》DDG52
2016051302.jpg
中身はともかく、アーレイバーク級としては最初期モデル。
横須賀では新顔で、これが初見。

……なんですが、コレがこの後、
延々と《わかさ》の被り芸の犠牲に。

弾薬補給艦《カール・ブラッシアー》
《USNS CARL BRASHEAR》T-AKE-7
2016051303.jpg
しばらく沖に居たものの、出航。

2016051304.jpg
ココで、この日の状況なんですが。
左から、上記の《カール・ブラッシアー》、揚陸指揮艦《ブルーリッジ》、
補給艦《ラパハノック》、その向こう側にタンカーを挟んで、
コチラに向かってくる空母《ロナルド・レーガン》。

デカイのが停泊している状況ってのは、
主目標を待ってる状態では撮り放題なんですが、
主目標が迫ってる状態では邪魔者でしかありません。

さらに手前にもイロイロあって、
なかなかに苦労したのでありましたよ。

掃海艦《つしま》 MSO302
2016051305.jpg
『東京みなと祭』へ向かう掃海艦《つしま》が出港。

体験航海の客を乗せて、さぞかしいいタイミングで
《ロナルド・レーガン》とすれ違ったことでしょう。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2016051306.jpg
動いている姿は初見。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2016051307.jpg
周囲に複数のデカブツが居たせいか、
これまで空母を撮影した時に比べると、
「アレ? なんか小さくね?」という印象。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2016051308.jpg
《ジョージ・ワシントン》と比べると、
アイランド部分が大きくなっているようです。
(レーダーマストがアイランドに内蔵された印象)

ひとつのパーツが大きくなった分、
全体が小さく見えてるってのもあるのかな?

揚陸指揮艦《ブルーリッジ》
《USS BLUE RIDGE》 LCC-19
2016051309.jpg
《ロナルド・レーガン》通過後、しばらくして抜錨。
続けて入港してくれたら撮影できる……と思っていたら、
そのまま何処かへ行ってしまいました。

補給艦《ラパハノック》
《USNS RAPPAHANNOCK》T-AO-204
2016051310.jpg
この日の朝に来たようですが、特に動きは無し。

掃海艇《はつしま》 MSC606
2016051311.jpg
就役は去年だけど、初見。
掃海艇で、初めてバルカンがシールドされたタイプ。

掃海艦《はちじょう》 MSO303
2016051312.jpg


この後は、しばらくの間、
《ブルーリッジ》が戻ってこないかなぁ〜と、
無駄な時間を過ごしてから、やがて諦めて帰宅。

んで、その《ブルーリッジ》は、
後で調べたら、横浜に入港してました。

……まぁ、《はつしま》撮れたからいいか。
posted by unagi at 23:40| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

2016年04月16日の目視録(3/3)

帰りに、横須賀港に立ち寄ってみました。

護衛艦《きりしま》 DDG174
2016041621.jpg
ちょうど入港中。

これまで『未確認の《こんごう型》』としていたのは、護衛艦《きりしま》でした。
まぁ、そうじゃないかとは、勝手に根拠無く思っていたのですが。

護衛艦《やまぎり》 DD152 
2016041622.jpg
タグが離れるところでした。

……と、いう事は、《きりしま》と同様に、
入港してきたと思われるんですが、港外で見た覚えはありません。


この後、《やまぎり》を離れたタグボートが、
そのまま沖の方を向いていたりして、
さらに何かが入港してくる雰囲気。

見晴らしのいい場所にいる先輩を見つけたので、状況確認したところ、
《ゆき型》が接近中だと教えていただきました。
気になるといえば気になる状況だったものの、
まだ時間がかかりそうだったので、諦めて帰宅。
posted by unagi at 04:57| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

2016年04月16日の目視録(2/3)

集団出航の続き。

護衛艦《おおよど》 DE231
2016041611.jpg
アスロックランチャーをガコガコと動かしながら通過。

護衛艦《くらま》 DDH144
2016041612.jpg

曇ってて薄暗いし、風が吹きつけて寒いし、
海上視界は遠くまで見えるのに春霞のせいかボケボケだし、
遊漁船の数が多過ぎて被りまくり。

撮影条件の悪さ、特に寒さに耐えかねて、
わりと早い段階から、撮りたい欲求よりも
帰りたい気持ちの方が強くなりつつの撮影でしたが、
なんとか頑張って踏みとどまったおかげで、
こんな娘も撮れたので、結果的にはラッキー。

護衛艦《くらま》 DDH144
2016041613.jpg
春の某新番組では取材を受けたらしいです。
蒸気タービン艦の生き残りとして。

今のところ、その成果は…………

2016041614.jpg
あと何回、遭遇できるかな?

護衛艦《はまぎり》 DD155
2016041615.jpg

護衛艦《むらさめ》 DD101
2016041616.jpg

護衛艦《さざなみ》 DD113
2016041617.jpg

訓練支援艦《てんりゅう》 ATS4203
2016041618.jpg

《てんりゅう》の通過で終わりかな〜と思ったら、
さらに出港してくる艦影が見えたので、
さらに30分ほど、寒さに耐えつつ待機することに。

訓練支援艦《くろべ》 ATS4202
2016041619.jpg

港口に留まっている未確認の《こんごう型》以外、
今度こそ追加の動きが無いことを確認したら、
早々に移動。




その移動中に、
さらに2隻ほどの艦影が出港していくのが見えましたが、
カメラを出すのが面倒くさかったので、パスしました。

移動しながらチラ見した印象では、
『《てるづき?》と何か』という印象でしたが、
後から教えていただいたところでは、
《あきづき》と《えんしゅう》だったようです。

ちなみに、
ここまで掲載した自衛艦の集団は、
《あまぎり》と《はるさめ》を除いて、
自衛艦旗はマスト掲揚でした。
posted by unagi at 03:58| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

2016年04月16日の目視録(1/3)

天気予報が「快晴で暖か」だったおかげで、
ドン曇りで風も強く、とても寒い日でした。

《いずも》が出航しそうだったので、
運動するついでに、久々にカメラ装備で海へ。

途中、横須賀港付近を通りかかった時に、
本港から《こんごう型》の何かが出港しつつあるのを
チラ見しつつ、さらに先へ。


護衛艦《たかなみ》 DD110
2016041601.jpg
現場に着いたら、護衛艦《たかなみ》が通過したところでした。

2016041602.jpg
《いずも》には間に合いました。
右は横浜港へ向かう客船《飛鳥2》。

この日の横浜港は、早朝にも客船《フォーレンダム》が
入港したハズですが、予定が早朝だったのでパスしました。

護衛艦《いずも》 DDH183
2016041603.jpg
この日の海上は、
曇りで薄暗いうえに、春霞なのか視界が悪く、
おまけに多くの遊漁船がウロついていて、
撮影条件は悪かったです。

画的には絶望的なので、
もう完全に記録写真モード。

客船《セブンアイランド大漁》
2016041604.jpg
この場から、こんなアングルで、
ジェットフォイルが突っ込んで来るのを見るのは、初めて。
久里浜経由だったのかな?

ついでに、この《セブンアイランド大漁》を撮るのも、初めてかも。



『さて、《いずも》も通過したことだし、帰るかな』
……などと思いつつ、横須賀方面を確認すると、
横須賀港通過時に動いていたらしき《こんごう型》は、
横須賀港口をウロウロするばかりで、向かって来ません。

が、その代わりに、
複数の艦影が出港して、こちらへ向かってくるのが見えました。

《いずも》だけ撮って、さっさと帰るつもりでしたが、
ここで予定を変更して、しばらく滞在することに。


《いずも》通過後から30分程の間を空けて、後続集団が接近。

護衛艦《あまぎり》 DD154
2016041605.jpg

護衛艦《はるさめ》 DD102
2016041606.jpg

護衛艦《ちくま》 DE233
2016041607.jpg

護衛艦《こんごう》 DD173
2016041608.jpg
先に挙げた、この時点で未確認の《こんごう型》とは別。

港口の《こんごう型》は、相変わらず港口に居て、
風に吹かれるままといったカンジでウロウロ。

護衛艦《あしがら》 DD178
2016041609.jpg


護衛艦の集団出航は、まだ続きます。


最近、つくづく艦船についての調べモノをサボっていたので、
まったく予定外の撮影となりましたが、後になって思えば、
あぁ、艦隊集合だったのか……などと思うような始末。

ただ、この日は運動がメインで、
長時間の撮影なんかするつもりなかったので、
曇りの強風にさらされて、すっかり体が冷えてしまいました。

長時間留まることを考慮した服装でもありませんでしたし、
なにしろ天気予報では「快晴で暖か」だったもので。


……マジで天気予報は防衛省に移管してくれないかな……。


2016041610.jpg
ちなみに、この日は防大の学生さんがカッター訓練してました。
posted by unagi at 21:39| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

2016年03月16日の目視録

ドン曇り。

客船《クァンタム・オブ・ザ・シーズ》が入港。

早朝の入港は、面倒くさいのでパス。

夕方の出港に目標を絞って、
何処へ撮影に行こうかと検討していたんですが……

……海上の視界が悪すぎて、やる気スイッチがオフに。

それでも、
とりあえず記録写真だけでも撮っておこうか、と、
視界の悪さを補うための距離感と、
所要時間と駐車の便を優先した、
最も無難な撮影場所へ。

現場に到着すると、
ちょうど《なとり》が入港してくるところでした。

コンテナ船《なとり》
2016031601.jpg
このオマケがあったおかげで、
ちょっとだけ元気になりました。

客船《クァンタム・オブ・ザ・シーズ》 《QUANTUM OF THE SEAS》
2016031602.jpg
予定時刻から、約30分遅れての出港。
展望カプセルは、出港前から動いてました。

客船《クァンタム・オブ・ザ・シーズ》 《QUANTUM OF THE SEAS》
2016031603.jpg
展望カプセル、降下しちゃいました。
船体中央上部のオレンジ色は、大型モニターの光。

距離があるせいなのか、薄暗い環境のせいなのか、
本船最大の特徴である『大きさ』が、
あまり感じられませんでした。

以前、《ヴォイジャ〜》を撮影した時の方が、
もっと距離は開いてたけれど、
大きさを感じられた気がするなぁ。

単に『大きさ』に食傷気味なだけだったりして。

2016031604.jpg
ロイヤルカリビアンお約束のクライミングウォールは、
船尾付近の側面(赤い熊のとなり)にありました。

側面だと、風が障害になるような。
……そのための熊?

クライミングウォールより船尾側の
青く塗られたあたりには、
風で人間を吹っ飛ばす装置が。


とりあえず撮るだけは撮ったので、撤退。
posted by unagi at 01:44| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする