2016年11月11日

2016年10月29日のサイタマ(5/4)

『2016 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム』の追記。

帰宅後に、録画しておいた放送を確認。

今回はメインスポンサーのJCOMと、
テレビ東京での放送がありました。

本命のJCOMは、置いといて。
問題は、テレビ東京の放送内容です。

そうです。
今回のエントリーは毒ばかり。



一昨年も、テレビ東京での放送がありました。

JCOMとは違い、実際には生中継ではなくて、
スタートから1時間遅れの放送だったのは、今回も同じ。

一昨年の番組は、中継とは名ばかりのアニメの番宣で、
レースの大半がワイプ画面で、フザケンナ状態でした。

そして今回。

アニメの番宣は控えめでした。
レースをワイプにすることもありませんでした。

が。

むしろ、ワイプですら、レースを見せてくれません。


約75分の番組中、その1/3ほどが、全く関係ないゲストが
「フランスに行って来ましたぁ〜」とかいうクソ番組。

さらには、山岳の難所『モンヴァントゥ』まで行って、
わざわざ途中でバイクを降りてランニングしてみせるとか。

このランニングは、
もちろん今年のアレに倣っているわけですが。

アレとは本来、
理由はいろいろですが、結果的には観客が原因で、
おそらく大会最大の山場になったであろう場面が
台無しになってしまったという、
ひとつも笑える要素のない事件です。

そんな事件が話題になるのは仕方ないでしょう。

でも、それをわざわざ現場で真似して喜ぶなんて、
下品としか言いようが無い。


結局、この番組でレースを見せてくれたのは後半だけで、
それも、たびたびインタビュー映像が挿入されるので、
ブツ切り状態。

結局、今回も、フザケンナ状態の番組でした。


と、いうか、
ある程度は予想してたので、
レース中継として酷いなんてことは、
正直、どうでもいいんですけれど。


あの下品な悪ふざけに対しては、
嫌悪感しかありません。


posted by unagi at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。