2014年11月04日

2014年10月25日のサイタマ(2/2)

前回の続き。

『2014 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム』
メインレース
2014102521.jpg
後から見たテレビ放送(CS)の解説によれば、
出場選手やチームスタッフだけでなく、撮影スタッフなども、
ツール・ド・フランスの関係者が来ていたらしいのですが、
この黒板持ってる人はどうだったんでしょうね?

確認しようにも、
およそドライバーに遮られて顔が隠れているか、遠すぎるか、
ハッキリと顔の写った写真がないので判らないんですが、
どうも、違う人だったような気がします。

2014102522.jpg

2014102523.jpg

2014102524.jpg

2014102525.jpg
わりと序盤の光景。

現場で見た時には、
「なんか逃げちゃいけない人たちが逃げてるような……」
とか、素人考えに思ったもんですが、
後からテレビで、レース全体をポイント獲得の条件なども含めて観ると、
なるほど、ちゃんと目的があって、しっかり成果あげてるんだなぁと、納得。

2014102526.jpg

2014102527.jpg
ジャージもヘルメットもバイクもタイヤも、ぽわるーじゅ。
よく見ればサングラスとコンピュータまで、ぽわるーじゅ。

2014102528.jpg
けっこう併走(モーター)バイクには苦しめられました。

特に先頭集団は、複数のバイクを引き連れて来るので、
手前に先導バイクが被ってて撮り難かったり、
みんなヘッドライト点けっぱなしなので、
直撃くらって、おもいっきりアンダーになったり。

2014102529.jpg

2014102530.jpg

2014102531.jpg

2014102532.jpg

レースは周回コースで20周。
実際のスタート前には1周のパレード走行がありました。

で、スタートから18周を数えて、集団が通過したところで、
警備員が『次が最終周回です!』と拡声器で呼びかけはじめました。

「え? パレード入れて20周なの?」と、不思議に思っていると、
19週目の通過後には、『これで終了です!』と宣言。

周囲では、バラバラとコースを離れる人々。

でも、遠くに見えるパブリックビューイングの画面では、
まだまだ大絶賛走行中なんですケド? と、
その場に留まっていると……

トップ独走中。
2014102533.jpg

ほら、やっぱりもう1周あった。

かの警備員の発言を信じた人々は、
マイヨジョーヌが他者を引き離しトップを独走している姿も、
そうはさせまいと迫る有名選手ばかりで構成された集団も、
レースの最後も最後のいいところを見逃したわけですよ。

単に合計20周だと勘違いしていたのか、
それとも周回数を数え間違えたのか。

どっちにしても、やらかしましたね。
個人的には騙されなかったから別にいいけど。


帰宅後、録画しておいた中継番組を視聴。
放送は、テレビ東京とCSのスポーツ専門チャンネルだったんですが、
これがまぁ、テレビ東京の番組は酷いモンでした。

テレビ東京は生中継じゃなくて、
実際には1時間遅れの録画放送なんですが、
「サイクルロードレースについて、アニメキャラが解説します」
という名目で、実質ほとんどアニメの番宣。

アニメキャラが解説している間、レース映像は小さなワイプ。
先に作られた解説映像を流すことが主目的になっているので、
レース映像で何があってもお構いなし。

アニメ以外にも、アナウンサーだかタレントだかが、
とっくに選手たちは通過したのに「来ました〜」などと
台本棒読みするだけの無駄な現場中継とかあるし。

結局、ほとんどまともにレースを見せてくれないので、
スグ視聴を中止して、CSの録画に切り替えました。
posted by unagi at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。