2016年05月23日

2016年05月13日の目視録

晴れ。

空母《ロナルド・レーガン》が入港するので、お迎えに。

最近お馴染みのパターンなんですが、めあての艦船以外、
ろくに周辺状況のリサーチをしていないので、
思わぬトコロに予期せぬ艦船が居たり、
思わぬトコロに撮影の邪魔になる船が居たり。

この日も、そんなカンジで、イロイロと苦労が……。

海洋観測艦《わかさ》 AGS5104
2016051301.jpg
現場到着直後に撮影。

サラッと通過すると思ったら、他の船舶通過を待つためか、
ちょうど後ろの錨泊艦と被る位置で停止。

その後も、見事な被り芸を披露してくれやがり。

駆逐艦《バリー》 《USS BARRY》DDG52
2016051302.jpg
中身はともかく、アーレイバーク級としては最初期モデル。
横須賀では新顔で、これが初見。

……なんですが、コレがこの後、
延々と《わかさ》の被り芸の犠牲に。

弾薬補給艦《カール・ブラッシアー》
《USNS CARL BRASHEAR》T-AKE-7
2016051303.jpg
しばらく沖に居たものの、出航。

2016051304.jpg
ココで、この日の状況なんですが。
左から、上記の《カール・ブラッシアー》、揚陸指揮艦《ブルーリッジ》、
補給艦《ラパハノック》、その向こう側にタンカーを挟んで、
コチラに向かってくる空母《ロナルド・レーガン》。

デカイのが停泊している状況ってのは、
主目標を待ってる状態では撮り放題なんですが、
主目標が迫ってる状態では邪魔者でしかありません。

さらに手前にもイロイロあって、
なかなかに苦労したのでありましたよ。

掃海艦《つしま》 MSO302
2016051305.jpg
『東京みなと祭』へ向かう掃海艦《つしま》が出港。

体験航海の客を乗せて、さぞかしいいタイミングで
《ロナルド・レーガン》とすれ違ったことでしょう。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2016051306.jpg
動いている姿は初見。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2016051307.jpg
周囲に複数のデカブツが居たせいか、
これまで空母を撮影した時に比べると、
「アレ? なんか小さくね?」という印象。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2016051308.jpg
《ジョージ・ワシントン》と比べると、
アイランド部分が大きくなっているようです。
(レーダーマストがアイランドに内蔵された印象)

ひとつのパーツが大きくなった分、
全体が小さく見えてるってのもあるのかな?

揚陸指揮艦《ブルーリッジ》
《USS BLUE RIDGE》 LCC-19
2016051309.jpg
《ロナルド・レーガン》通過後、しばらくして抜錨。
続けて入港してくれたら撮影できる……と思っていたら、
そのまま何処かへ行ってしまいました。

補給艦《ラパハノック》
《USNS RAPPAHANNOCK》T-AO-204
2016051310.jpg
この日の朝に来たようですが、特に動きは無し。

掃海艇《はつしま》 MSC606
2016051311.jpg
就役は去年だけど、初見。
掃海艇で、初めてバルカンがシールドされたタイプ。

掃海艦《はちじょう》 MSO303
2016051312.jpg


この後は、しばらくの間、
《ブルーリッジ》が戻ってこないかなぁ〜と、
無駄な時間を過ごしてから、やがて諦めて帰宅。

んで、その《ブルーリッジ》は、
後で調べたら、横浜に入港してました。

……まぁ、《はつしま》撮れたからいいか。
posted by unagi at 23:40| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする