2014年10月22日

2014年10月19日の目視録

晴れ。

海上はモヤ気味。

少し前から風邪をひいてしまい、予定通りの行動をとれず。
安静にフテ寝していましたが、護衛艦《いずも》接近に伴い、
ちょっとだけ撮影に。

ただ、海辺まで行って海風に吹かれる元気は無く、
また、時刻的に頑張っても良好な成果はあがりそうにもなく、
さらに、当日の現場は“行かない方が良さそうな予感”もしたので、
久しぶりに別の場所から遠望するにとどめました。

ソコがどのくらい久しぶりかというと、
4年前に護衛艦《いせ》が海上公試をしていたころ以来。

その頃に比べると障害物が増えて、
撮影できる範囲も狭くなってしまいましたけれど。


2014101901.jpg
護衛艦《いずも》海上公試中。

この日、このタイミングは、
ド逆光&海上のモヤ&手前の空気のゆらぎに加えて、
フツーに距離も遠いので、どのみち良好な成果はあがりません。

手前に障害物も多いので、
撮影できるタイミングも限られます。

と、そんなタイミングを待っている時、
不意に、大型船の重く長い警笛が鳴り響きました。

他にも船は居たので断定はできませんが、
おそらく警笛を鳴らしたのは《いずも》でしょう。

その直後に見た光景がコレですから。
2014101902.jpg
右へ逃げていくレジャーボートの航跡と《いずも》の距離!

この場所から見ると、既に当たっているようで、
なんとかギリギリでセーフだったようです。

しかし、ギリギリだったからといって、
許される距離ではないでしょう。

水面上はギリギリで舳先を避けたとしても、
水面下ではソナーに接触するかもしれません。

この写真のスグ左手には、海の手前に障害物があって、
そこを《いずも》が通り過ぎるのを待っていました。
つまり、《いずも》は、タグボートにサポートされて、
変進しつつ、微速ながらも前進中なのです。

そこへ、コレです。

犯人のボート
2014101903.jpg
この後、この犯人は速度を落とすことなく、
周囲のヨットなどをかわして、
ベイサイドマリーナに逃げ込んだように見えましたが……。

この船のオーナーは、精一杯好意的に解釈して、
今回のニアミスが故意ではなかったとしても、
もっと甚大な事故を起こす前に、
逮捕すべきではないでしょうか?


護衛艦《いずも》 DDH183
2014101904.jpg
周囲にはヨットなども点々と。

2014101905.jpg
艦首付近の遥か沖に、ぼんやり見える艦影は、
おそらく、この日の朝に入航してきた
補給艦《おうみ》ではないかと……。

2014101906.jpg
回頭中。
甲板上、艦尾旗竿の右にある黒い点は、人。

着艦標識のラインが真っ直ぐ。

護衛艦《ひゅうが》が、オスプレイ着艦用に
艦の中央よりに臨時の着艦標識をバミってたみたいに、
大型機用に位置のズレた標識を作るかも……とか考えていましたが、
ひとまずそういうことは、無いようです。

posted by unagi at 04:41| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

2014年10月03日の目視録(2/2)

朝の本命を諦めて移動開始。
次までノンビリするつもりだったのに、
《いずも》が思いのほか高速で接近していることを察知。

急遽、現場に直行することに。

巡視船《しきしま》 PLH31
2014100311.jpg
待機中に沖を通過。
だいぶ汚れているようです。

2014100312.jpg
その《しきしま》と擦れ違いに《いずも》が。

護衛艦《いずも》 DDH183
2014100313.jpg
この日は、距離的に撮り頃になる前にタグべったり。

護衛艦《いずも》 DDH183
2014100314.jpg
艦首アンカー上にある5箇所の穴のうち、
向かって左、ちょっと白く見えるところから、
人が肘ついて外を覗いてます。

《ひゅうが》型とは違い、
落下防止柵が起倒式ではなく
倒れた状態で固定されています。

そのため、
全ての落下防止柵に下から支える梁が付いてます。

横倒しの落下防止柵とは別に、
艦の外周には、他の護衛艦と同じ
チェーン式の手すりが設けられているようです。

護衛艦《いずも》 DDH183
2014100315.jpg
こっちもタグべったり。

護衛艦《いずも》 DDH183
2014100316.jpg
艦尾側。

艦尾側も、落下防止柵は横倒しで固定。
左舷外部エレベーターの外周にも付いている模様。

あぁ、そういえば。
《ひゅうが》型の場合、
この落下防止柵は、梁のボルトを外せば、
起こすことも不可能ではないみたいでしたが、
《いずも》の外周落下防止柵が同じかどうかは不明。

でも、倒したままでいることが自然だと思われるので、
各模型メーカーの方には、その辺を考慮(というか確認)して
エッチングパーツを製品化してもらいたいものです。

護衛艦《いずも》 DDH183
2014100317.jpg
艦尾旗竿の周囲だけ、落下防止柵が起倒式。
その直下にもイロイロ装置があるので、
ココだけは常時起きた状態?

ファランクスとシーラム、それぞれの土台を結ぶように、
艦尾にキャットウォークが設置されています。

そのキャットウォークの下は
全部で8ヶ所の梁で支えられていますが、
その梁を真後ろから見ると、
それぞれ角度がつけられています。

特に真ん中の艦名《いずも》の上は
ハッキリと角度がついてて特徴的なので、
ここはキット段階で再現されてると嬉しいなぁ。

このほかにも、《ひゅうが》型に比べて、
小さな張りだし部分が増えているようです。

それに伴い、
艦外部に見えている階段も増えています。

この辺、1/700では省略されがちなので、
どうなることやら。

2014100318.jpg

2014100319.jpg
おしい。

2014100320.jpg
広角レンズを用意していなかったので、これはコンデジで撮影。
左手の空にポツポツと白いのが、上の月と旅客機。

グルリと回すのを見届けたら、早々に撤退。
posted by unagi at 22:33| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日の目視録(1/2)

晴れ。

インドコーストガードの
巡視船《サムドラ パファレダール》が
出港しそうな雰囲気だったので撮影に。

……行ってみたんですが、空振り。
結局、この日は出港しませんでした。

海洋調査船《かいよう》
2014100301.jpg
出港を期待して待っている間に《かいよう》が出港してきたので、
暇つぶしと撮影の練習を兼ねて、何枚か撮影。

2014100302.jpg

2014100303.jpg
行く先は超逆光。


この後、しばらく粘ってみたものの、
本命に出港の気配ナシということで、
一時撤退。
posted by unagi at 02:47| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

2014年09月29日の横浜ICG

晴れ。

インドコーストガードからのお客さん、
巡視船《サムドラ パファレダール》が来航。

2014092901.jpg

2014092902.jpg
港内では、お出迎えの《ひりゅう》が歓迎放水実施中。
周辺警戒で走り回っているのは、巡視艇《いそづき》。

インドコーストガード巡視船
《サムドラ パファレダール》 
《SAMUDRA PAHEREDAR》 CG202
2014092903.jpg
名前の読みについては、特に後半が判らなかったのですが、
ホストの海保が『サムドラ パファレダール』としているので、
それに準じています。

インドコーストガード巡視船
《サムドラ パファレダール》 CG202
2014092904.jpg
船種が汚濁防止船となっている資料もありますが、
武装もしているので、ここでは巡視船としておきます。

2014092905.jpg
……とはいえ、
船体デザイン的には“警備船”というより
“曳船”とか“作業船”といった趣で、
白よりもオレンジ系統が似合いそうです。

巡視船《サムドラ パファレダール》 CG202
消防船《ひりゅう》 FL01
2014092906.jpg

2014092907.jpg

2014092908.jpg
船首部分に搭載されているのは、
CRN91 30mm機銃……で合ってるのかな?

銃身がショボーンと俯角気味になってるのが、
ちょっと残念。

巡視船《サムドラ パファレダール》 CG202
2014092909.jpg
ヘリ甲板の前にある大昔のカメラみたいな部分は、
ヘリコプターの格納庫らしいのですが、
ヘリそのものは未確認。

形状から想像するに、単に機体を引っ張り出すのではなく、
入れ子部分を短縮することで、ある程度まで機体を露出してから、
離船位置まで移動するものと推定。

あと、操舵船橋の後部が、
そのままヘリの発着指揮所になっているように見えます。
この辺の構造も、曳船とかケーブル船にありそうな印象。

巡視艇《いそづき》 PC35
2014092910.jpg
今回、周辺警戒で走り回っていた巡視艇。

巡視艇《いそづき》 PC35
2014092911.jpg
去年までの《いそづき》とは、代替わりした別の船。

客船《セレブリティ・ミレニアム》
2014092912.jpg
当日の現場には、こんな船も。

2014092913.jpg
望遠レンズしか持って行かなかったので、
全体像は撮影できず。

入出港予定が夜間だったので無視していたモンで、
この日に居ることじたい忘れていました。

おまけ
2014092914.jpg
当日、付近上空(と、いうほど近くないか)を
旋回飛行していた《OH−1》。
posted by unagi at 01:11| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

2014年09月28日の横浜JCG

晴れ。

訓練戻りの巡視船を出迎えに。

巡視船《いず》 PL31
2014092801.jpg

2014092802.jpg

巡視船《しきね》 PL66
2014092803.jpg

2014092804.jpg

続いて巡視船《あきつしま》、の、前に……

客船《ぱしふぃっく・びぃなす》
2014092805.jpg
本来なら巡視船の集団より先行しているハズが、
遅れていた《ぱしふぃっく・びぃなす》が入港。

2014092806.jpg
この日は錨泊船が多かったデス。

ちょうど巡視船が回頭して良い角度になる位置にも、
背景に複数の貨物船が被ってしまい、全部台無しに。

巡視船《あきつしま》 PLH32
2014092807.jpg
現場に着いたら、先客に
「もう《あきつしま》なんて飽きるほど撮ったでしょ?」
とか言われましたが、
実際のところ、言われるほど撮れていません。

撮ったのは、ほとんど公試の時。
就役してから動いている姿を撮ったのは、
なんと約10ヶ月前。
就役直後の初入港を撮って以来です。

巡視船《あきつしま》 PLH32
2014092808.jpg
船尾旗竿ではなく、
船尾側マストに国旗が揚がっています。

巡視船《あきつしま》 PLH32
2014092809.jpg

入港を見送ったら、撤収。


この日の撮影は予行で、
後に本行がある予定でしたが、
当日は天気が悪かったため、
撮影には行けずに終了。
posted by unagi at 00:00| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

2014年09月26日の目視録(2/2)

巡視船《こじま》を見送った後、
時と場所を変更。

初の海上公試を実施中の《いずも》を撮影に。

護衛艦《いずも》 DDH183
2014092611.jpg

2014092612.jpg

護衛艦《いずも》 DDH183
2014092613.jpg
まだ引渡し前なので、
マストに揚がってるのは自衛艦旗ではなく、国旗。

就役前なので“護衛艦”の肩書きも
書き添えていいのかどうか
判断に苦しむところですけれど。

2014092614.jpg
タグの接触無しで撮れたのは、このあたりまで。

CIWSのレドーム部分の色が、
SeaRAMとファランクスで違うので、
模型製作時にはご注意を。

護衛艦《いずも》 DDH183
2014092615.jpg
最も《ひゅうが型》との差異が大きな正面。

護衛艦《いせ》 DDH182
2010121704.jpg
ここで再び、《ひゅうが型》との比較用に
《いせ》公試当時の写真を。

比べてしまえば細身に見える《ひゅうが型》に対して、
《いずも型》は左右両側に大きく張り出しています。

数字では5m、約15%ほどの増量。

アイランド艦尾側のヘリコプター発着艦指揮所も
拡張されて大きく張り出しています。

2014092616.jpg

護衛艦《いずも》 DDH183
2014092617.jpg
右舷側。

《ひゅうが型》の右舷側はツルンとした印象で、
できれば左舷側から撮りたいという気持ちが強かったんですが、
《いずも型》の右舷側には、イロイロと見所があるので、
どちらからも楽しめます。

言い換えるならば、
《ひゅうが》は、つるぺた。
《いずも》は、ぼっきゅんぼん。

もちろん、どちらにも需要が……。

護衛艦《いずも》 DDH183
2014092618.jpg
装備について、
実物を見たことで確認できたことをはじめ、
まだ未確認の部分や、予測、推測、憶測、
それから噂話等々、イロイロあるんですけれど。

そういう話題は面倒くさいので、ココではパス。


ほどほど撮り飽きたら撤退。
posted by unagi at 00:54| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

2014年09月26日の目視録(1/2)

晴れ。

巡視船《こじま》が出港。

清掃兼油回収船《べいくりん》
2014092601.jpg
その前に、見かけたら撮っちゃう《べいくりん》が出港。

むしろ見かけたつもりがなくても、
撮った写真に写りこんでることがちょくちょくあったり。


2014092602.jpg
出港。

巡視船《こじま》 PL21
2014092603.jpg
ちょっと船体が影に。

巡視船《こじま》 PL21
2014092604.jpg

見送ったら、撤収。
posted by unagi at 03:52| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする