2017年11月20日

2017年11月04日のサイタマ

晴れ、のち曇って、やがてチョイ雨。

『2017 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム』が開催。

今年は撮影場所の選択に失敗。

早めに現場に着いて、熟考のうえで場所を決めたのに、
イベント直前になって状況がガラリと変わってしまい、
それまでのプランが全てパァ。

そのタイミングから場所変えしようにも、
もはや人ギッシリで動くに動けず。

さらには隣のお姉さんが、コンデジ突き出し方式で
レンズ前を遮りまくるもんだから、もう……。

と、いうわけで、例年に比べると写真少な目です。

オープニング パレード走行
2017110401.jpg
悪魔の来日証明。

去年は撮り損ねたけれど、
今年はリベンジ。

……トライデント、こんなに凝ったデザインだったっけ?

あと、ツノが無い。
ツノ付き赤ヘルを用意してあげれば良かったのに。

2017110402.jpg
奪われたツノは、スグ後ろに。

この方式なら、ツノ付きヘルメットはいらんか。

2017110403.jpg
ウィリーとか見せてくれそうに無い人が、
ウィリーでファンサービスを。

手前に被るフェンスと某氏がいなければ、
もっと良かったんですけどねぇ……。


スプリントレース
4人4グループ(グループ4は3人)で予選を実施、
各グループの1位で、決勝レースを行う。
さらに、撮影していた場所では分かりませんでしたが、
ゴール前1キロまで先導車がつくケイリン的ルールだったそうで。

この辺りのコトはテレビでの放送が無いので、
レースの結果以外、何も分からない。

2017110404.jpg
名前の発音が難しいので、
メディア毎にカタカナ表記の違う人。

本家ツールでは、無冠だけどスゲェ頑張ってた。


チームタイムトライアル
1チーム3人で走行。

……なんですが、
目の前を通過するのは、ほぼ2人組み。

なので『2人目のタイムが基準なのか?』と思っていたら、
なかには1人で走ってる人もいたりして。

『いったいどーゆールール?』と、疑問に思っていたら、
1人目のゴールタイムが基準になっていたそうで。

それって、チームタイムトライアルである意味……?

2017110405.jpg
TTTなのに独走。

2017110406.jpg
チームメイトを送り出したので、あとはノンビリ。

被写体としてはともかく、
レース形態の点でいえば、見たかったのはコレジャナイ。

2017110407.jpg

とはいえ、せっかく3人組で来てくれたのに、
ジェットストリームアタック状態ってコトも……。

まぁ、それはそれで、
そういうモノなので仕方なし。

写真としては残念だけど、
レースの光景として見たかったのは、コレ。

2017110408.jpg


メインレース

2017110409.jpg
めっちゃ笑顔。

2017110410.jpg
金メダリストは、いろいろ金ピカ。

2017110411.jpg

2017110412.jpg
このイベント、毎度後半になると
厳選注目メンバーの逃げが発生して盛りあがる。
むしろ、ちょっとワザとらしいくらいに。

ただ、あとでテレビでレース全体をみると、
山岳賞狙いだったり、それに乗っかっての逃げだったり、
キッカケと動機(と、それを実現する能力)があってのコトなので、
そこは前に出られる人が出てるってことなんでしょう。

2017110413.jpg
そしてメインレース終盤になると、
すっかり暗くなってしまうのも、
このイベントの特徴。

感度設定上げまくっても、
こりゃダメだ、な写真ばかりに。

去年はまだ、いっそ抽象的とか、むしろ幻想的とか、
屁理屈つけてメディアに残した写真あったけれど、
今年は率直にダメな写真ばかりでした。

イベント終了後は、
恒例となった中継番組チェック。


そして毒気吐き。
posted by unagi at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

2017年10月24日の目視録

曇り。

台風が去り、早朝から多数の帰還があったものの、
間に合わないので、目標を《いずも》だけに絞って撮影に。

護衛艦《いずも》 DDH183
2017102401.jpg

台風後といえば、
おおよそ『天気快晴ナレドモ波高シ』になると
期待していたんですが、この時は曇り空。

なので、
撮るには撮ったけれど別に……てな寂しい結果になりました。

護衛艦《いずも》 DDH183
2017102402.jpg

と、それだけの話。
posted by unagi at 01:01| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

2017年08月17日の、まだらのひも

晴れ。

午後、外出しようと表に出たら、
2017081701.jpg
こんなの落ちてました。

ロープみたいな、うなぎみたいな。
生きてるヘビみたいなナニモノ……ていうか、ヘビ。

2017081702.jpg
表の通りから、家の方へ向かって、
それなりの速度でスルスルと進攻中。

2017081703.jpg
こうして見ると、なかなかに御立派な、長さに太さ。

2017081704.jpg
先日、裏手に脱ぎ捨てらていた
抜け殻の中の人かどうかは判りませんけれど
(違うなら違うで複数棲んでるというコトに)。

2017081705.jpg
撮影で、進路を塞がれたため、
行く先を変えようかと迷っているところ。


手出しはしなかったので、
ヘビはそのまま庭木の藪に姿を消しました。

ドコかに居るんでしょうけれど、
不意の遭遇はしたくありませんね。

posted by unagi at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

2017年08月13日の、まだらのひも

曇り。

午後、用事があって家の裏手に行ったら、
2017081301.jpg
こんなの落ちてました。

ゴムみたいなビニールみたいな。
よく店舗入り口にあるカサ入れるビニールのような。

2017081302.jpg
こんな絵柄のついたナニモノか。

2017081303.jpg
裏返してみると、こんな柄。

2017081304.jpg
一方の先端には、なにやら顔らしきモノも。

どうやらヘビの抜け殻らしいんですが、
階段を利用した、何とも見事な脱ぎっぷり。
昼に通った時には無かったので、
それから3時間程の間に脱いだようです。

2017081305.jpg

2017081306.jpg
上の写真のように、ほどほど伸ばして130cmほど。
目の部分もバブルキャノピーになっているんですね。



……って、
コレを脱ぎ捨てた中の人、ウチに棲んでるんですか?



今年は、大小様々なトカゲの類と毎日のように遭遇するんですが、
こんな大きなヘビの痕跡には初めて遭遇しました。

ひととおり写真を撮ってから、そもそもの用事に戻ったのですが、
抜け殻が落ちてたところで作業しなくてはならなかったので、
背後や頭上から“何か”が降ってこないか、
ビクビクしながらの作業となりましたとさ。


posted by unagi at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

2017年08月12日の目視録(一応)

晴れ。

午後、運動しに出たついでに、
2隻の『船』を撮影に。

2017081201.jpg
まずは一隻目の飛行船。
現着したら、飛んでました。

2017081202.jpg
なんというか……飛行船にあるまじき軽々とした動きで、
ブンブングルグルと飛び回っていました。

2017081203.jpg
係留場所で見ていたら、
これも飛行船らしさに欠ける動きで接近・旋回して、
まるで墜落してくるかのような勢いで降下。

2017081204.jpg
頭上を通過。

2017081205.jpg
地上に激突する瞬間、
スタッフが受け止めるようにして着地。

2017081206.jpg
で、地上で見たら「あれ? あんなに小さいんだ」と、
この時点で、ようやくラジコン飛行船であることを知った
……という程度に、下調べが不足しているのでした。


もう一隻の船は、船そのものがどうこうではなく、
化物満載の状況(ある意味、百鬼夜行)を撮りに。

イベントの公式サイトによれば、船のコースは
「日本丸メモリアルパーク
 〜カップヌードルミュージアムパーク間の往復」
となっていたので、その途中で待機していました。

が。

遠目に眺めていると……

化物集団が乗船。
出港。
桟橋の近くをグルッと回って。
着岸。
化物集団が下船。

これで終了。

……。

…………。

全然コッチ来ねぇ!

2017081207.jpg
化物満載の船。

どこが「カップヌードルミュージアムパーク間の往復」だ、
近寄りもしなかったじゃねーか。

行動予定を発表したなら、ちゃんと消化しろよ。

……と、
結果的に気分を害して帰宅。


他の日は、ちゃんと実施したんですかねぇ?
posted by unagi at 03:25| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日の目視録

晴れ。
久しぶりに晴れて暑かった日。
そのせいで海上には強烈なモヤが。

護衛艦《いずも》と
空母《ロナルド・レーガン》が入港。

現場に到着してみたら、逆光+モヤに加えて、
巨大な自動車運搬船が撮りたい角度に丸被り。

さっそく撮影意欲を失ったので、
あとは居合わせた知り合いと雑談して帰りました。


一応、撮ったモノ。

護衛艦《いずも》 DDH183
2017080901.jpg
甲板上に哨戒ヘリ。

2017080902.jpg
角度的に、全部を一度に見られたわけではないのですが、
写真を検証してみたところ、7機並んでいたようです。

原子力空母《ロナルド・レーガン》
《USS RONALD REAGAN》 CVN76
2017080903.jpg
こちらの甲板上は、何も無し。

posted by unagi at 02:41| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日のフェスティバル

晴れ。

今年も『ヨコスカ サマーフェスタ』と
『ヨコスカ フレンドシップデー』が開催。

ところが7月末からの夏風邪のせいで、朝は体調不良。
外国艦船の入港なんかもあったのに、撮影にいけず。

それでも昼過ぎに家を出て、イベント訪問してきました。

今回はコンパクトカメラさえ持たない手ブラ状態。
なので写真はありません。

今回は、先に米軍側『フレンドシップデー』に入り、
艦船見学はパスして(どうせ締め切ってたし)、
ザッと会場内を歩いたら、即退場。

ちなみに、業者系の出店は例年どおりの印象でしたが、
各部隊の自主出店が、基地の奥に移動しており、
野球場などがある辺りに集中してました。


ベースを早々に出たおかげで、まだ自衛隊側の
『サマーフェスタ』にも入れる時間だったので、
コチラもザッと見て回ることに。

試験艦《あすか》だけ乗艦見学して、
地上展示のSHが帰還するのを見送ったら、コチラも退場。

到着から2時間ほどで、両方回れるモンなんですねぇ。
そのぶん、歩き疲れましたけれど。
posted by unagi at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

2017年07月15日の目視録

晴れ。

訪日していたカナダ海軍艦艇が出港。

2017071501.jpg
ホストシップから出港開始。

写真中央付近に見える2隻が、カナダ海軍艦艇。
この時点では艦尾格納庫の扉が開いていますが、
両艦とも離岸前に閉じてしまいました。
搭載機の露出も無し。

護衛艦《あぶくま》 DE229
2017071502.jpg
いきなりですが、コレが今回の本命。

あぶくま型を見下ろしで撮影できる機会なんて、
そうそうなかろうと。

護衛艦《あぶくま》 DE229
2017071503.jpg
で。
そんな貴重な機会だというのに、
わざわざ逆光側から撮影。

逆光になるのは分かっているんですが、
これは好みの問題なので、仕方なし。

とはいえ、思った以上に明暗差が……。
まだ陽が高いから大丈夫だと思ったんですが。

護衛艦《あぶくま》 DE229
2017071504.jpg
しかも、この日の護衛艦2隻だったら、
どっちから撮っても良かったな……とか、
撮影開始してから気づいたり。

でもまぁ、やや思慮不測だったものの、
やっぱりコッチの方が好きなので、
特に反省も後悔もしてません。

護衛艦《うみぎり》 DD158
2017071505.jpg
続いて、ホストシップ2隻目が出港。

護衛艦《うみぎり》 DD158
2017071506.jpg
それにしても、
大地に零れたコーラのごとき
KI・TA・NE・E・海面だなっ。

護衛艦《うみぎり》 DD158
2017071507.jpg
乗員の皆さん、岸だけでなく、
頭上から見下ろしているであろう
我々撮影者向けにも帽フレしてくれていました。

ハリファックス級フリゲート《ウィニペグ》
HMCS《WINNIPEG》 FFH338
2017071508.jpg
ゲストのカナダ海軍艦が出港。

フリゲート《ウィニペグ》 FFH338
2017071509.jpg
ハリファックス級は何度か撮ってるよな……と、
過去の撮影日記を見返してみたことろ、
およそ3年おきに撮影してました。

ハリファックス級フリゲート《オタワ》
HMCS《OTTAWA》 FFH341
2017071510.jpg
そしてコチラが6年ぶりの再会となった《オタワ》。

その6年前の撮影といえば、あの事件があった時か。
あの時もアングル求めて頑張ったな……と、
今となっては懐かしい話。

フリゲート《オタワ》 FFH341
2017071511.jpg
今回、2隻ともカサ立ては埋まっていました。

フリゲート《オタワ》 FFH341
2017071512.jpg
《オタワ》の他にもアチコチで船が出港しつつある港内。

このあと、防舷物の回収船が来ましたが、
カメラを片付けてしまったので、撮影せずに撤収。

posted by unagi at 01:02| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

2017年07月09日の目視録

晴れ。

客船《スーパースター・ヴァーゴ》が入港。

2017070901.jpg
海上視界はモヤ気味。

朝に海をチェックした時には、かなりモヤが濃かったものの、
入港は昼過ぎなので、状況が変わるのを期待したのですが。
残念ながら晴れきらず。

一方で、背後に停泊船が多かったので、
モヤで背景がおとなしくなるのはありがたいのですが。

客船《スーパースター・ヴァーゴ》 《SUPERSTAR Virgo》
2017070902.jpg
初入港を、お出迎え。

とはいえ、これから11月の末まで、
定期船のごとく毎週来航予定なので、
いくらでも撮影機会があります。

……とか思っていると、
たいてい面倒臭くなって、
一回も撮影せずに終わったりするので、
今回は早いうちに済ませちゃいました。

客船《スーパースター・ヴァーゴ》
2017070903.jpg
何度も撮影機会はあるので、
場所を変え、角度を変え、
いろいろ楽しむことができるでしょう。


そんな気分になれたなら。


客船《スーパースター・ヴァーゴ》
2017070904.jpg
満船飾での入港。

以前、別の船でも思ったんですが、
満船飾状態で航行していいんですかね?

2017070905.jpg
船首付近のイラストアップ。

よく見ると、以前の船名表記跡がポコポコと。

2017070906.jpg
中央部。
ウォータースライダーとか、ファンネルマークとか、
全く関係ないのに、なぜか高島屋をイメージさせる
いろんな表記とか。

真横まで見たら、周囲の人々が『見送りの橋くぐり』を
撮影するための場所どりで殺気立ってるのを尻目に、
さっさと撤収。

posted by unagi at 02:29| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

2017年07月03日の目視録

梅雨の合間の晴れ。

客船《マジェスティック・プリンセス》が入港。

2017070301.jpg
0510時の現場到着で、既に入港開始状態。

2017070302.jpg
近頃「こんなんばっかり」な、入港場所が限定される巨船。

春先の早朝入港(3月くらいのクイーンなんちゃらとか)だと、
日の出前で真っ暗か、完全な逆光になることが多いのですが。
夏場なら、陽の位置も、もうちょっとマシかな、
と、期待してたんですが……。

客船《マジェスティック・プリンセス》《MAJESTIC PRINCESS》
2017070303.jpg
多少はマシだけど、やっぱり逆光は逆光。

2017070304.jpg
タグボートが手前に併走するのを覚悟していたんですが、
幸い、いい感じに距離をとってくれました。

客船《マジェスティック・プリンセス》
2017070305.jpg

客船《マジェスティック・プリンセス》
2017070306.jpg
特徴的な船首ペイント。
プリンセスの横顔が。
常に後ろ向きで。

ぜひ、真正面を撮ってみたい。
1枚目の写真で既に片鱗が感じられますが、
かなりマヌケなことになってることでしょう。

《MAJESTIC PRINCESS》の船名に《盛世公主号》と併記。
コレで『まじぇすてぃっくぷりんせす』と読めるんですかね?
固有名詞を、音を無視して意訳するのって、意味あるのかな?

客船《マジェスティック・プリンセス》
2017070307.jpg
わりと速い動きで、0525時には撮影終了。

posted by unagi at 18:46| Comment(0) | 目視録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする